"Das Phantom unseres Ichs" u. d. Literaturpsychologie: E. T. A. Hoffmann - Freud - Lacan

Friedrich A. Kittler

フロイト『不気味なもの』を、ホフマン『砂男』の二次文献として参照するのではなく、二つのテクストを「記号のシステムへの書き込み」のヴァリアントとして捉えている。