『2666』

チリの小説家ロベルト・ボラーニョの遺作。もう邦訳が出ているらしい。Wikip. には、あらすじも掲載されている、

ようやく、Fries の小説が読めるような気がしてきた。