2666

冒頭の物語には、批評家たちがブレーメンをぶらつくシーンがあって、そこでは、ブレーメンの音楽隊も言及されている。フリースの小説で、『ブレーメンの音楽隊』はライトモチーフに格上げされるが、それは、「死よりもよいものは・・・」という一節を、(おそらく偶然に)作者が発見したからにちがいない。