読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジパング

時里二郎

1995年刊。HMV経由で、定価で買うことができた。

一時期、この人の作品をまとめて読んだことがあった。次の詩集を心待ちにしているうちに、なぜか急に熱が冷めてしまった。ある批評家が、次の詩集は凄い、とか書いているのを読んで、もうやめようと思った。

物語はなくてもいいのではないか。今ならば、はっきり言うことができるような気がする。