読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Siebenkäs

歴史的批判版は、Kurt Schreinert が編集している。Einleitung冒頭で、「ドイツ」を繰り返しているが、出版は、1928年。ナチ絡みではなさそうである。

レネッテの性格描写を評価するのは、19世紀的レアリズムをモデルにしてのことだろう。首尾一貫したライプゲーバーに対して、ジーベンケースに破綻があるというのも、まあ、常識的な読み方である。