読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンギン・ハイウェイ

森見 登美彦
異邦人のお姉さん+少年と父親の組み合わせならば、ごく普通の物語。ところが、この小説には、お母さんと妹が登場する。少年の家族への帰属がはっきりしていれば、お姉さんの存在がいよいよ正体不明になるはず。だが、お姉さんの存在感が圧倒的で、家族の方が正体不明になっている。