読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神々のたそがれ

アレクセイ・ゲルマン監督
たそがれ、というより、いない、という方が近いだろう。神のいない世界には、時間的にも空間的にも、およそパースペクティヴがない。切れ切れの接写で構成される場面、反復される物語。

文明化を知らない世界。牛や豚と変わらない人間たちが、なんだか殺したり殺されたりしているのだが、なにも進展しない。
ルネサンスのない世界。ボッシュブリューゲルのグロテスク絵画は、なんといってもルネサンスの産物なのだ、と今さらながらに思った。
廊下での立ち話で、ランズマンの最新作が上演されていることを知った。ネットで調べているうちに、この映画を見ておこうと思った。
ランズマンの方は、まだ京都でやっている、が、もう満腹。