Interpretationen

Deutschlandrundfunk.Kultur の音楽番組。
日本時間で、日曜22時から0時まで。

昨夜は、シューマンの第四交響曲をどう演奏するのか、という話。
いくつかのテーマを中心に、聞き比べをするので、素人にも、演奏によってどのくらい曲の感じが違ってくるのかがよく判る。

シューマンのこの作品には、1841年版と51年版の二つのヴァージョンがある。作曲家がそれだけ手を入れたのだから、というわけでもないだろうが、解釈の余地が大きい。曲想に、初期のピアノ曲のようなきままな感じがある。

個人的には、ラジオ番組を録音したカセットテープを何度も聴いた記憶があるが、あれはN響の演奏だったのだろうか。昨夜聴いた演奏の中では、フルトヴェングラーの演奏に一番近かった(のは、あるいは、こちらの主観的な印象なのかもしれない。とにかく一途に聴いていたのだ。その頃は)。

チェリビダッケのゆっくり演奏も、ラトルの軽い第一ヴァージョン演奏もよかった。シャイイ演奏のマーラー版は、全部聴いてみたかった。それから、ちょっと面白かったのは、ノリントンの演奏。解説によれば、シューマン自身のテンポ設定にもっとも忠実、ということなのだが、かなり速い。ロマン派の印象とずいぶん違う。

古典作品とは、音楽にかぎらず、解釈の集大成でもある。当然のこと、と言えば、その通りなのだが、私は、二次文献をあまりに軽視してきたような気がしてきた。