読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜線ドッペルゲンガー

玉木ヴァネッサ千尋
研究紹介コーナーにポスターを出してみたら、思わぬ収穫。ドッペルゲンガーの話なら、ヤングマガジンに連載中だとか。
場面は、主に、ドッペルゲンガーの視点から描かれている。かれは、主人公の死霊であり、(ひょっとすると変わるかもしれない)主人公の運命を知っている。その意味では、半ば全知の語り手とみなすこともできるかもしれない。しかし、ドッペルゲンガーが直接関与しない場面もある。
ところで、ドッペルゲンガーを視たら死ぬという伝承は、日本でも広く受け入れらているらしい。鹿児島から来た人も、三重県の人も知っていた。