読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を並べる

『ヴッツ先生』に、並んだ本を見て、ニッと笑うという場面があった。ヴッツ先生は、自分で書いた本を並べていたのだから、満足度は格別だっただろう。

同じ著者の本を並べると、そこに独特の雰囲気が漂うような気がするのはどうしてだろうか。全集でもなければ、出版社もバラバラ。もとより、自分が書いた本ではない。しかしながら、やはりそれなりの思い入れがあって買った本ならば、けっこう満足してしまう。