読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jean Paul

Max Kommerell 

Kurt Wölfel の Schoppe という講演記録 JbJPG 2000/01 を読んで、改めて、"Siebenkäs und Leibgeber" を読み直してみた。Kommerell にしても、Wölfel にしても、ジャン・パウルのテクストのおもしろさを知り尽くしていると思う。読むたびに、研究を始めた頃の情熱を思い出す。当時、Kommerell などとても理解できなかったはずなのだが。

初版は、1933年。昨年は、出版80年にあたっていた。