読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Adolf Wölfli 1864-1930

名古屋市美術館で回顧展を見た。 絵画というのか、本というのか、とにかく稠密に描き込まれた線描がそれだけで、表現になっている。精神病棟で制作されたという。 フロイトが生まれたのが、1856年。シュレーバーは、1842年に生まれている。ユングは、1875年…

聖アントニウスの誘惑

クラーナハ展(大阪国立国際美術館) 全景には、幻想に捕らえられ宙に浮かんだアントニウス。まるで聖人自身が幻想の一部になってしまったかのようである。しかしまた、遠くに見える町は、なにごともなかったかのように静かで、これまた不気味である。 遠景…

バッハ『音楽の捧げ物』

Herbert Kegel u. Rundfunk-Sinfonieorchester Leipzig, 1972 フリューゲル=ピアノフォルテのボヤーっとしたリチュルカーレで始まり、ゆっくりとフーガ、カノン、ソナタが続く。後半は、パウル・デッサウとヴェーベルンの編曲が並んでいるが、まるで最初か…

ひかり埃のきみ

福田尚代 回文。前から読んでも、後ろから読んでも同じ文字列。たとえば、 眼鏡がない。田舎ね。カメめがねがない。いなかね。かめ。 なんていうレベルなら、ちょっと考えればできる。 しかし、これが何行にも渡り、次から次へと何ページもくり出されてくる…

『歌の子詩の子 折口信夫』

持田叙子 著 幻戯書房 岩野泡鳴、鉄幹、晶子、鴎外、啄木といった周辺の人たちとの関係がおもしろい。

Altweibersommer

Altweibersommer ist in deutschsprachigen Ländern die Bezeichnung für eine meteorologische Singularität. Es handelt sich um eine Phase gleichmäßiger Witterung im Spätjahr, oft im September, die durch ein stabiles Hochdruckgebiet und ein war…

『楡家の人びと』

北杜夫トマス・マンを読むなら、楡家の人びと、と、勧められたことがある。作者は、マンのどこを学んだのだろうか。 - 戯画化された人物像- 史実と(虚構の)家族史の交差 しかしまた、 - 自然描写- 病気、死の描写- 戦争体験の記述(城木という登場人物を設…

The Danish String Quartet

Per Nørgård: SQ Nr. 1, Quartetto Breve (1952) Schostokowitsch: SQ Nr. 15, Es-Moll, op. 144 (1974) Beethoven: SQ Nr. 12, Es-Dur op. 127 (1823/24) 音を押し殺したような二つの曲の後に、ベートーベンを聴くと、アダージョですら晩年の重苦しさを感じ…

Ferrucio Busoni

GrauSchumacher Piano Duo Improvisation (1916) Fantasie (1922) Duettino Concertante (1919) Fantasia contrappuntistica (1921) 生誕150年になる。 演奏会は、二台のピアノのための作品。なんだかオルガン曲みたいだった。

[本]のメルマガ vol.617

なにはともあれ書きたいという情熱がなければ、モノを書くことはできない。楽しそうに書いている人の文章を読むと、羨ましくなる。 長らく受信したままになっていたメルマガだが、読んでみれば、なんだかおもしろい。 たまたま spam となってひっかかってい…

単独者のあくび 尾形亀之助

吉田美和子著 赤と黄色の装丁が、書店でひときわ光っていたが、期待を上回る中味だった。 いかにも居場所のないといった感じの、賢治追悼会の写真が印象的。中国の最前線で、辻まことが『障子のある家』を読んでいたというのも凄い。 戦前のある時期までは、…

Hans Knappertsbusch

ラジオをつけたら、ブラームスの交響曲が流れていた。今の倍くらい時間をかけて演奏している。ライブで聴いたら、弦に呑み込まれるような感じになるだろう。ロマン派のテンポは、こんなものだったのかもしれない。 1963年録音というから、指揮者晩年の演奏で…

憲法13条 「すべての国民は、個人として尊重される」

改憲草案では、「個人」が「人」に書き換えられているという(朝日新聞朝刊 天声人語)。個人が尊重されない国で、人が尊重されることはない。それにしても、首相は選挙の勝利=改憲支持をほとんど確信している様子。そういう世の中になってしまったのだろう…

トリオ ジャン・パウル

http://triojeanpaul.de/ ジャン・パウルの名を冠したのは、シューマンに特別の親近感があるから。「詩的な音楽」というロマン派の理念を介して、古典音楽と現代音楽を結ぶのだ、と。

門 99回(朝日新聞朝刊)

「法華の凝り固まりが夢中に太鼓を叩くようにやって御覧なさい。頭のてっぺんから足の爪先までが悉く公案で充実したとき、がぜんとして新天地が現前するので御座います」 宗助は自分の境遇やら性質が、それほど盲目的に猛烈な働きを敢えてするに適しない事を…

鶴見俊輔 『埴谷雄高』

同時代批評の凄みというべきか。両者の間の離接に臨場感がある。 埴谷雄高は、マクス・シュティルナーを通して、アナーキズムに接近していったのだという。

三輪太郎『憂国者たち』

群像九月号 三島由紀夫の『豊穣の海』は、いまだ読んでいない(絶対に読め、と言われたにもかかわらず)ので、ただの当てずっぽうだが、ひょっとすると、この物語はその第五部にあたるのかもしれない。それにしても、この大量難民の時代に、「本物の天皇」や…

ボディ・クリティシズム

バーバラ・M・スタフォード(高山宏 訳) 神経系モデルの人間学が、解剖学モデルに対立するという見方がおもしろいと思った。リヒテンベルクの Pathognomie の表面性も、この繋がりで積極的な意味を帯びてくる。ラファータの観相学にある神学的な深みを用心…

高橋源一郎『「あの戦争」から「この戦争」へ』 と 荒川洋治『文学の空気のあるところ』

二人とも、社会の中に入っていって、文学を探している。 高橋氏の方が、より徹底的なのは、たぶん、文学の力をもうあまり信じていないからだろう。にもかかわらず、文学があるとすれば、こんな風なんだろうと思わせるようなところがある。いろいろなことを知…

C. A. F. Kluge: Versuch einer Darstellung des animalischen Magnetismus, als Heilmittel, Wien 1815

1800年前後のヴィーンは、違法出版が公然と行われ、検閲も厳しかった。オン・デマンドで簡単にコピーを取れる時代になったが、専門家の手が入っていないだけに注意が必要である。Kluge 正本は、Berlin 1811 Johann Christian Reil, Johann Christoph Hof…

神々のたそがれ

アレクセイ・ゲルマン監督たそがれ、というより、いない、という方が近いだろう。神のいない世界には、時間的にも空間的にも、およそパースペクティヴがない。切れ切れの接写で構成される場面、反復される物語。 文明化を知らない世界。牛や豚と変わらない人…

文体

後藤明生、坂上弘、高井有一、古井由吉 編集 1978年の創刊号から1980年最終号まで、季刊全12冊を一冊220円で購入。天下茶屋の喫茶店で、最終号掲載の川村二郎の神社の話を読んだ。神明造とか、権現造とかいう様式論が本題なのだろうが、こちらの勉強不足で…

ジャン・パウル『抜き書き帖』

草稿資料がデジタル化された。 Jean-Paul-Portal: Projektdetails 『抜き書き帖』を自宅で読むことができるようになるとは、研究を始めた頃には夢にも思わなかった。著作権切れの資料も簡単にネット経由で入手することができる。 Heidelbergische Jahrbueche…

オールド・テロリスト

村上龍 小説という形式を使って、近年のテロリズムを内側から描いてみせた傑作。 文藝春秋連載は、昨年夏に終わっているはずだが、いまだ単行本がでないのは、どういうわけだろう。 >>> いや、イスラム国関連の一連のテロは、端的な人間憎悪という点で、『オ…

フロイト講義<死の欲動>を読む

小林敏明著『快原理の彼岸』読解。「死の欲動」という概念がどのような思考過程を経て、形成されたのかが丁寧に追跡されている。講演記録のようにみえるが、そうではないらしい。あとがきに、菅谷規矩雄の話が出てくる。名古屋にいた頃は、緑区鳴海の団地に…

SF的な宇宙で安全に暮らすっていうこと

ヤールズ・ユウ(円城塔 訳)自伝を書いている私が始まりであり、終わりであるという円環構造に、ドッペルゲンガー=モチーフが重ねられている。いかにもジャン・パウル的な構想だが、2010年に発表された、アジア系アメリカ人のSF小説なのだ。だが、よく…

A=392Hz

CD を買った。 Freiburger Barockorchester が演奏する Brandenburg Concertos。一枚目の一曲目は第一番、というか、とにかく管楽器のあれこれの音が羊雲のように広がっている。けれども、この世界に入り込むのに、それほど時間はかからない。 こういう輝き…

丸で浪漫的アイロニーだ

與次郎は、三四郎の歩きぶりを見て、「もう少し普通の人間らしく歩くがいい」と言う。それに続いて、この言葉が出てくるのだが、一体、どういう歩行だったのか。 三四郎もわざわざ図書館まで戻って、意味を調べている。 獨逸のシュレーゲルが唱え出した言葉…

Don Quichote

übersetzt v. Fr. Justin Bertuch (1775 / 77), 350 E. Antiquariat Heubeck, Nürnberg デューラー広場を歩いていたら、古本屋さんを見つけた。これだけのコレクションをもちながら、ホームページがない、という。 他に、 Fenelon „Telemach“ übersetzt v. B…

JJ Heckenhauer

1823年創業、ヘッセも働いていたというチュービンゲンの古書店。シュティフト教会の広場にある。由緒ある店ということなのか、14時始まりである。 たしかに、古い。細い通路の奥に、薄暗い入口がある。狭い店にカウンターと雑然と並べられたり、積まれたりし…

KVK

ドイツ語圏内外の図書館目録を縦断検索できる。 フィルターをかけて、デジタル化された資料を調べてみると、18世紀の文献はかなりデジタル化が進んでいることが分かる。しかも、大体、丸ごとダウンロードできるようになっている。 Mesmer, F. A.: Herrn Me…

Robert Schumann: Gesammelte Schriften, Bd. 1-4, 1854

ツヴィカウのシューマンハウスで購入。92ユーロ。 ショーウィンドウにならんでいたサンプルを指して、あるか、と尋ねたら、受付のおばさんが、あちこちの棚を探して、奥の方から出してきた。「稀少本」だ、と、もったいぶっていたが、実際のところどうなの…

ドン・キホーテの末裔

清水義範 著『ドン・キホーテ』は、騎士物語のパロディである以上、騎士の物語ではなく、作者の物語なのだ。パロディとして読むということは、多かれ少なかれ、書く行為を意識することだから。

医学 薬学 化学領域の 独英和活用大辞典

河辺実 編医学書を読むとなると、役に立つ。"vegatativ" というのは、植物性ではなく、自律神経なのだった。 上本町の古本屋さんで随分前に買った辞書。値引きに継ぐ、値引きということか、14500円、4000円、3500円と売値が書き換えられている。あの店も、い…

横浜線ドッペルゲンガー

玉木ヴァネッサ千尋研究紹介コーナーにポスターを出してみたら、思わぬ収穫。ドッペルゲンガーの話なら、ヤングマガジンに連載中だとか。場面は、主に、ドッペルゲンガーの視点から描かれている。かれは、主人公の死霊であり、(ひょっとすると変わるかもし…

ペンギン・ハイウェイ

森見 登美彦異邦人のお姉さん+少年と父親の組み合わせならば、ごく普通の物語。ところが、この小説には、お母さんと妹が登場する。少年の家族への帰属がはっきりしていれば、お姉さんの存在がいよいよ正体不明になるはず。だが、お姉さんの存在感が圧倒的で…

罪・苦痛・希望・及び真実の道についての考察

中島敦『全集 2』所収。カフカのアフォリズから10編が訳されている。。解題によれば、1933年の英訳本からの翻訳。成立年代は不明。カフカの日本初訳は、1940年の本野亨一訳『審判』である、とのこと。42年に、中島が病死していることを考え合わせると、いず…

鐘の渡り

古井由吉 「窓の内」「方違え」「机の四隅」が、よかった。 奇妙なイメージが日常の中に浮かび上がってくる様がおもしろい。 「机の四隅」はドッペルゲンガーの話。「影の病」というのは、ドイツ語かと思ったら、歴とした日本語なのだった。

書庫を建てる

松原隆一郎 堀部安嗣 著8坪の土地に建てられたコンクリートの塊。その中に、1万冊の書物を収める書架と、さらに、書斎、寝室、シャワールームを設えたという、うらやましい話。しかし、この本がただの自慢話で終わらないのは、祖父の記憶というモチーフが…

ber Thierischen Magnetismus

Über が文字化けしたまま、タイトルになっている。出版元は、アメリカらしいがやはりよく分からない。 Eberhard Gmelinが1787年に出した論文を、コピーして、そのまま "print on demand" として販売しているらしい。実に怪しげなテクストである、が、しかし…

われら難民

「難民」は誤訳。原語は、"Refugees" で、旧約聖書申命記の「逃れの町」に逃れてきた人たちのこと。 アレントの「ユダヤ人問題」論集がおもしろい。パーリアとしてのユダヤ人を通して、ヨーロッパ文明、ドイツ文化が描かれている。

『半自叙伝』書評

昨日の朝日新聞読書欄。 自叙伝は、二回出た著作集の綴じ込み記事が纏められている。だから、二つの著作集の間にある時間が、一つのモチーフの扱いの違いになって現れているという。 反復と変奏は、老年をテーマにした著者の近作の主要モチーフである。

先生の遺書

漱石『こころ』の連載が始まった。 話そのものは、それほどおもしろいわけではない。しかし、連載として一日ごとに読んでみると、漱石の物語への踏み込みがよく判る。一話ごとに、新局面が現れ、先生の不思議さが深くなっていく。 併行して連載中の名人戦の…

やすらい花

古井由吉 これまでなんども読み始めては、途中で放り出した短編集。どういうわけか、今回は、すっと入って、そのまま読み切ってしまった。短編といっても、ドラマチックな筋の展開はない。いくつかの断片的な情景が、継ぎ接ぎされているという点では、連吟に…

Andreas Gursky

出町柳まで出て、一日勘違いしていたことに気づいた。 京都にいても仕方ないので、中之島まで戻って、展覧会を見た。 写真の図像をコンピュータで処理しているという。鳥瞰に細密描写が平気で混入しているのは、それで一応納得である、が、しかし、それだけ…

日本文学検定

http://www.nichibunken.com/ 「教材」というサイトで、例題に挑戦してみたが、太刀打ちできない。そういえば、ずいぶん前に『世界文学クイズ』という本を買ったが、こちらもまったくダメだった。

地下へ サイゴンの老人

日野啓三 新聞記者だった作者が、小説という形式でしか書くことができないと考えた現実とは何だったのか。 『ベトナム報道』は、ノンフィクションでありながら、現実の厚みに歯が立たない記者の姿を通して、現実の「向こう」がフィクション以上に生々しく描…

半自叙伝

古井由吉 月報をまとめただけ、ということなのだが、それなりに面白かった。 まず、これほどの文章が書ける人でも、苦しんでいるという事実に改めて感動した。それから、ちょっとした作品案内になっていて、なんとなく懐かしい思いがした(一作を選ぶとした…

むらぎも

中野重治 ごく自然に書き流しているようでいて、そうではない。意識の流れに沿って(いるのだろうか?)、折り重なった時間が丹念に書き込まれている。かなり計算して書かれているはずなのである。 けれども、うまく物語に入っていくことができなかった。 あ…

眞田三勇士忍術名人 猿飛佐助

雪花山人 著 復刻版。原本は、大正3年に、立川文明堂から出版された。二十五銭、というのは、今のお金でいくらくらいになるのだろうか。 とにかく調子がいい。 山高しと雖も尊からず、木あrを以て尊しとなす、人間も其の通り、幾等豪勇でも智恵がなくって…